【お得情報】Amazonで対象のペット用品を10%OFFで買う方法

【安いキャトフードでも長生きできる】選ばれているフードはこれ!

【安いキャトフードでも長生きできる】選ばれているフードはこれ!

安いキャットフードだと長生きできないのか?これは何とも言えないところです。

療法食(一部のメーカー)だと寿命が伸びることが証明されていますが、一般的なフードは検証されていないため何とも言えません。

ただ、調べてみると安いフードでも長く生きている猫ちゃんはいます。

SNSで長寿猫を飼っている人達にアンケートを取ったところ、ほとんどの猫が安いキャットフードでした。

では、どんなフードを食べていたのかまとめたのでご覧ください。

安いキャットフードでも長生きできる

安いキャットフードでも長生きできる

SNS(インスタツイッター)で16歳以上の猫を飼っている・飼っていた人に何を食べさせていたかアンケートしたところ、8割以上の人がスーパーや薬局などで買える安いキャットフードでした。

アンケート人数60名、猫の平均年齢19.2歳が食べていたキャットフードがこちら↓

市販品
(スーパーや薬局で買える物)
25.3%
カルカン 12%
銀のスプーン 12%
ロイヤルカナン 9.3%
ヒルズ 6.7%
モンプチ 6.7%
黒缶 5.3%
メディファス 5.3%
シーバ 4%
ねこ元気 4%
アイムス 2.7%
キャラット 1.3%
ドクターズダイエット 1.3%
フィリックス 1.3%
ホワイトフジまぐろ 1.3%
純缶 1.3%

病気を患ってからはロイヤルカナンやヒルズの療法食にしている人が多いですが、若い頃(健康な頃)は近場で買えるフードを選んでいる人ばかりでした。

好物(刺身やささ身など)や市販のおやつをちょくちょく食べさせている人もいたり、食事内容に共通点はなかったです。

科学的根拠に基づいたキャットフードの方が長生きできる?

個人的には科学的根拠に基づいて作られたフードの方が長生きできるのかなと思っています。

例えば自社の研究所を持つロイヤルカナンとヒルズは、ペットがより健康で長生きできるよう最先端の研究を元にフードを開発しています。

ちなみにこの2ブランドの腎臓ケアフードは、一般的なフードを食べさせるより2倍以上長生きすることが証明されています。

※腎臓病の猫が一般的なフードを食べた時の寿命が平均7ヶ月に対し、ロイヤルカナンの療法食は平均17ヶ月、ヒルズは平均16ヶ月も寿命が伸びると証明されている。

科学的観点からフードを作ることで寿命が長くなることが証明されているため、一般的なフードも長生きする可能性が高いのではないかと思っています。

ロイヤルカナンの評判はいいけど猫に危険はない?4Dミートや酸化防止剤は大丈夫?ロイヤルカナンの評判はいいけど猫に危険はない?4Dミートや酸化防止剤は大丈夫?

安いキャットフードのデメリットは?

安いキャットフードのデメリットは?

安いキャットフードのデメリットは、不必要な原材料(香料や着色料など)が使われていたりする点です。

※高いフードでも使われたりしますが、安全志向なフードが増えているため害と言われる原材料を避けているメーカーが多い。

例えば着色料の青色1号や赤色102号は見た目をよくするだけに使用されるものであり、猫の栄養に全く関係ありません。

あとは酸化防止剤のBHA。安全志向ブームで多くのメーカーが天然の酸化防止剤に切り替えている中、安いキャットフードはBHAの使用率が高いです。(発ガン性が確認されている成分だが、体に害が出ない量に抑えられてはいる)

ペットフードの安全を守るため農林水産省が有害な物質を含むペットフードの販売を禁止しているため害を及ぼす可能性は低いと思いますが、不必要な添加物は含まれていない方が安心です。

穀物入りはどうなの?

穀物は猫が消化しにくくアレルギーの原因になると言われたりしますが、科学的根拠もないデタラメなので心配しなくて大丈夫です。むしろ肉や魚の方がアレルギーになる可能性が高いですし、適正量&適正に調理されているなら年齢によっては穀物が多い方がよかったりします。

家禽ミールやミートミールは安全?

こちらも特に問題ないと思います。家禽とは、肉・卵・羽毛などを利用するために飼育する鳥の総称で、ミールは肉類を乾燥させて粉状にしたものを指します。ミートミールは、哺乳動物の組織からレンダリングして得られた原材料になります。

フード選びのポイント

安いキャットフード選びのポイント

年齢に対応したフードがいい

できるだけ猫の年齢に対応しているフードを選んだ方がいいです。

というのも、年齢によって患いやすい病気がある程度分かっており、それらを予防するために栄養バランスやカロリーが細かく変えられています。

例えばロイヤルカナンのエイジング12+(12歳以上の猫を対象にしたフード)は、食欲が落ちる老猫に向けて嗜好性やカロリーを高くしたり、腎臓の負担を減らすためリンの配合量を少なくしています。

猫は好き嫌いが激しい動物なので食べてくれないこともありますが、年齢対応のフードを食べさせてあげた方が長生きする可能性は高くなると思います。

あと、当たり前ですが「総合栄養食」を食べさせるのも大事です。

キャットフードには一般食や目的食などおやつ的に作られた物もあり、それらばかり食べていると栄養バランスが偏ってしまうため、食事のメインは「総合栄養食」と書かれたフードを食べさせてください。

ドライとウェットどちらがいい?

どちらを食べても寿命の違いはない(証明されていない)ですが、今回行った長寿猫さんを飼っている人達のアンケートでは半々で食べさせている人が多かったです。

個人的にもウェットフードは食べさせた方がいい派で、あまり水を飲まない猫の病気リスクを減らすためにも、毎日の水分摂取は多い方がいいです。

※水をあまり飲まない猫は、尿石症や尿路疾患・腎不全などの病気を患いやすくなります。

キャットフードの水分量の違い
  • ドライフード:10%程度
  • ウェットフード:75%程度

日頃からお水をしっかり飲む猫ちゃんならドライフードだけでも問題ありません。

ただ、あまり水を飲まないようならウェットフードを与えたり、ドライフードをぬるま湯でふやかして食べさせるのがおすすめです。

我が家でやってる猫に水を飲ませる対策!毎日コツコツがとっても大事だよ!我が家でやってる猫に水を飲ませる対策!毎日コツコツがとっても大事だよ!

安くてもおすすめのキャットフードは?

安くてもおすすめのキャットフード

個人的にはモンプチがおすすめです!

モンプチは研究所を持っているネスレピュリナが販売するブランドで、酸化防止剤に天然の原材料を使ったり、不必要な着色料も含めないナチュラル志向なキャットフードとなっています。

おやつにしても合成添加物不使用のナチュラルキッスを販売している、安全性にこだわりのあるメーカーです。

SNSのアンケートで人気だったカルカンや銀のスプーンより若干お値段は高いですが、原材料を比べるとモンプチの方がいいのかなと思いました。

 

総合栄養食のドライフード↓

 

総合栄養食のウェットフード↓

 

安全性の高いおやつ↓

created by Rinker
モンプチ
¥891 (2022/10/02 14:47:07時点 Amazon調べ-詳細)

おやつのナチュラルキッスは、我が家でも食べさせたりしています↓

【香りがヤバい】モンプチのナチュラルキッスは食いつき良しで安全性が◎!【香りがヤバい】モンプチのナチュラルキッスは食いつき良しで安全性が◎!

まとめ

  • 安いキャットフードでも長生きしている猫ちゃんはいる
  • ただ、原材料に不安な点もある(BHAや着色料など)
  • 安くても原材料にこだわっているモンプチがおすすめ

個人的にはロイヤルカナンやヒルズの方が長生きできるのかなと思っていますが、比較したデータもないため何とも言えません。(療法食は長生きすることが証明されている)

安いキャットフードでも長生きする猫はすると思いますが、年齢に対応している物や安全な原材料を使用している方がいいのかなと思います。

【データあり】長生きする猫の特徴 & 長寿に向けて絶対に気をつけるべき事!【データあり】長生きする猫の特徴と長寿に向けて絶対に気をつけるべき事! 【ちょっと驚き】猫が長生きする食べ物を調べてみたら…。【ちょっと驚き】猫が長生きする食べ物を調べてみたら…。 【これ本当?】猫には19歳の壁があると言うので調べてみた。【これ本当?】猫には19歳の壁があると言うので調べてみた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)