【お得情報】Amazonで対象のペット用品を10%OFFで買う方法

【これで解決】猫が早食いして吐くのを防止する3つの方法!

【これで解決】猫が早食いして吐くのを防止する3つの方法!

猫ちゃんが早食いして吐いてしまうなら

  1. 食器の位置を高くする
  2. 1回の食事量を少なくする
  3. 早食い防止の食器皿を使う

これらの対策をすればほぼ解決すると思います。(昔飼っていた早食い猫ちゃんは1回の食事回数を少なくしたら吐かなくなりました)

ここでは早食い防止の詳しいやり方、早食いして吐く理由、早食い防止アイテムなどまとめたので参考にしてみてください。

これで吐かなくなる!猫の早食い防止対策

これで吐かなくなる!猫の早食い防止対策

最初にお話した

  • 食器の位置を高くする
  • 1回の食事量を少なくする
  • 早食い防止の食器皿を使う

これらの対策を行えば早食いによる嘔吐はなくなる(または少なくなる)と思います。

ただ、多頭飼いしていたり日中家にいなかったり生活環境は人それぞれなので、様々なパターンの対策も書いてみました。

食器の位置を高くする

低い位置に食器があると胃より頭が下がるため、食道に留まった食べ物が戻りやすい状態になります。

なので、食器の位置を高くし食道が下がらないようにすると吐き戻しがなくなる(もしくは少なくなる)かもしれません。

「ホントにそれだけで吐かなくなるの?」と思うかもしれませんが、台を高くしただけで吐き戻しが減ったと言う声は結構多いです。

食器の位置を高くするのは適当な台を置いたり、脚付きのフードボウル、食器スタンドを購入するなど、どんな方法でも構いません。

 

脚付きのフードボウルだと猫壱のこれが人気↓

created by Rinker
¥1,870 (2022/10/02 18:30:47時点 楽天市場調べ-詳細)

口コミ5000件を超えるヒット商品で、吐き戻しが減ったと言う声が結構あります。

 

食器スタンドを買いたいならお皿付きのこちらがおすすめ↓

お皿が2枚置けるのが便利&カワイイ猫型デザインとなっています。我が家でも使っているお気に入りグッズで、4.6kgの愛猫でちょうどいい高さでした。

猫の食器スタンドを購入!お洒落な木製でレンジ対応のお皿が良い感じ!猫の食器スタンドを購入!お洒落な木製でレンジ対応のお皿が良い感じ!
食器の高さはどれくらいが良い?

高さ5~8cmくらいにするのがちょうどいいようです。ただ、猫ちゃんの身長にもよるため、適当な台を置いて頭が下がり過ぎない高さを調べてみるといいでしょう。

1回の食事量を減らす(食事回数を増やす)

食器の位置を高くしてもダメなら、1回の食事量を減らしてください。

1日2回食べさせているのなら4回以上にする。これだけで吐き戻しは結構減ると思います。(我が家ではこれで減りました)

猫が早食いで吐く理由

よく噛まずに早食いすると大量の空気も飲み込みこんでしまいます。そうすると沢山のフードと空気が胃の中で膨れ上がり、逆流(嘔吐)してしまうのだそうです。

参考:猫がフードを食べた後に吐き出す理由

自動給餌器を使い食事回数を増やすのが楽

1日の食事回数を増やすと飼い主の手間も当然増えます。ましてや日中を留守にしている人も多いと思うので、そんな場合は自動給餌器を使うのが便利です。

我が家で使っている自動給餌器がこちら↓

猫 早食い 吐く 自動給餌器 おすすめ

  • 1日のフード給餌回数が最大10回
  • 5g単位での給餌ができる
  • イタズラできないフード配給口と上蓋
  • 洗いやすい内部構造
  • 停電やWi-Fiが切れた時でも動く
  • フード切れをスマホに通知してくれる

最初のアプリ設定が少し面倒くさいですが、とても使いやすいのでおすすめです。(アマゾンでのレビューが星4以上&1000件の口コミがあり大人気の商品)

1匹飼いならこれを導入するだけで吐くのが抑えられるし、毎日ご飯をあげる手間もなくなります。

【レビュー】ペットキットの自動給餌器が便利!デメリットも含め感想を書いてみた。【レビュー】ペットキットの自動給餌器が便利!デメリットも含め感想を書いてみた。

多頭飼いの場合は猫の数だけ自動給餌器を置けば大丈夫だと思いますが、猫によっては食べる時間が不規則で他の子が奪ってしまうかもしれません。

そういった場合は飼い主がいる時間に複数回に分けて与えるか、早食い防止の食器皿を使うのがいいでしょう。

早食い防止におすすめの食器

早食いを防止する食器といっても色々なタイプがあります。

通常タイプ↓

高機能タイプ↓

ダイエットタイプ↓

どういった違いがあるのか?口コミなども合わせて紹介するのでご覧ください。

【通常タイプ】コノコ (KONOKO) ゆっくり食べれる食器S

コノコ (KONOKO) ゆっくり食べれる食器S

  • 特徴:滑り止め防止付き
  • 本体サイズ:幅14.0×奥行14.0×高さ4.5cm
  • 本体重量:185g
  • 素材:樹脂製
  • 価格:1000円前後

普通の皿よりは効果あり

普通の皿で食べさせるより倍の時間をかけて食べるようになりました。慣れてくると少し早くなるとは思いますが、それでも普通の皿よりは効果あると思います。

吐き戻しが減った

沢山入れ過ぎてしまうと、くぼみの意味がありませんが、くぼみが出る状態で食べてもらうと、食べにくそうですが明らかに慎重に?食べていました。今のところ、吐き戻しは減ったように思います!ちなみにサイズはSサイズで十分でした。

少し食べるのに時間がかかってます

他のメーカーでも色々と出てますが、どれも猫には大きすぎるとのレビューでこちらの猫様Sサイズにしました。アメショのとんがり顔なので、難なく食べてくれました。凸があるので、いつもよりも苦戦しながら食べて食べてます。少し食べるのに時間がかかってます。

参考動画

こちらは通常タイプの早食い防止食器皿で、評価も5点満点中「4点」を獲得してる人気のアイテムです。サイズはSとMがありますが、猫ちゃんにはSサイズを選びましょう。

滑り止め防止のゴムもついてますし値段も手ごろなので、「まずは試してみたい」と言う人におすすめです。

【高機能タイプ】PAPIFEED ペット早食い防止食器

PAPIFEED ペット早食い防止食器

  • 特徴1:スケール(計量器)付き
  • 特徴2:トレイの取り外し可能
  • 特徴3:食べやすい5°傾斜角で設計
  • 特徴4:滑り止め防止付き
  • サイズ:幅20.5cm×高さ9.5cm
  • 重さ:約930g/容量約500g
  • 素材:ステンレス製ボウル
  • 価格:3000円前後

落ち着いて食べてくれるようになった

最初は容器が変わって躊躇っていましたが、すぐに食べ始めました。ただ、いつものがっついた感じがなく落ち着いて食べてくれました。少し食べづらそうでかわいそうな気もしますが、早食いするよりはマシかなと思い使い続けています。お皿の下には滑り止めが付いているので、安定して食べられるみたいです

容器が安定してていい!早食いも防止されてる

今までは掃除機ですいとるように30秒程でご飯を食べ終わっていましたが、この容器に変えて5分近くかけて、ちょっと口に入れては噛んでまた食べてとゆっくり食べるようになりました。商品は重さもあるので、ひっくり返す事もなく安心です。

エサの計測ができて便利だしゆっくり食べてくれるようになった

いつもは勢いよく一瞬で食べてしまうのですが、こちらを使ってみると比較的ゆっくり食べるようになりました。そして、この食器は滑り止めがあるので動くことなく食べやすいかと思います。どれくらい食べたのか量がわかるので便利です!

こちらの早食い防止食器皿はスケール(エサの計量系)が付き、凹凸トレイだけ取り外せる洗いやすいタイプです。滑り止めも付いていますが、容器自体が重いので動いてしまう心配はありません。

食べやすい5°傾斜角で設計&中の凹凸トレイがうまく食べるのを阻止するので、口コミでは「早食いが防止されて満足」という声が多いです。

【ダイエットタイプ】ジャングルフィーダー

ジャングルフィーダー

  • 特徴1:手で外に出しながら食べるタイプ
  • 特徴2:滑り止め防止付き
  • サイズ:27cm×23cm×7.5cm
  • 素材:ポリプロピレン
  • 価格:2000円前後

吐き戻しが減って満足

てっきり柔らかいシリコン製なのかと思いポチリましたが、かなりしっかりとしたプラスチック製です。2週間使ってみて一度ももどしてません。(毛は一度だけ。)お腹もスリムになってめちゃくちゃ元気に走り周ってます。

早食い防止に大正解

トレーのおかげで1粒ずつゲットして食べているので以前より噛んでいるようですし、食事時間は以前よりずっと長くなりました。時間をかけているせいか満足感もあるようです。トレーの周りをぐるぐるしながら手で掻き出している様子はゲームかスポーツをしているみたいです。

食い意地のすごいうちの猫には効果あり

食い意地がはっているうちの猫は、ご飯をあげるとフガフガいいながらものすごい勢いで食べてしまうため、食後ひんぱんに戻していました。
餌ももったいないし、そうじも大変で困っていたところ、こちらをみつけて購入。1年ほど使用していますが、戻す回数は半分以下に減りました。

参考動画

こちらのジャングルフィーダーは猫ちゃんが遊びながら食事をする設計になっているので、ダイエットも兼ねながら早食いが防止できます。

凹凸の突起素材が固いため噛んでダメになる事もなく、フチが高いので外にボロボロこぼれてしまう心配もありません。

ただ、猫がエサを外に出して食べる仕様なので、「滑り止め食事マット」も一緒に購入しておきましょう。

created by Rinker
¥1,023 (2022/10/02 08:57:06時点 楽天市場調べ-詳細)

口コミでは「早食いが防止できて良かった」という声だけでなく、必至にエサを取っている姿が面白いという声も多かったです。

太り気味の早食い猫ちゃんでしたらこちらの商品を検討してみてください。

おまけ:トリートボールを使う

トリートボールとは、コロコロ転がすことでフードが出るボールのことです。

人気の商品がこちら↓

created by Rinker
ファンタジーワールド
¥705 (2022/10/02 08:57:07時点 Amazon調べ-詳細)

転がすと1粒づつフードが出るので早食い防止になりますが、これで全ての食事を賄うのは難しいです。

例えば朝晩2回食事を与えているなら、1回の食事量を減らし残りはトリートボールで食べさせるなどの使い方がいいでしょう。

まとめ

早食いによる嘔吐を防ぐなら、食器の位置を高くして1回の食事量を少なくする(食事回数を4回以上に増やす)のがベストです。

個人的には自動給餌器がおすすめですが、多頭飼いで難しそうなら早食い防止の食器を使うのが良いかと思います。

 

【関連記事】

【レビュー】ペットキットの自動給餌器が便利!デメリットも含め感想を書いてみた。【レビュー】ペットキットの自動給餌器が便利!デメリットも含め感想を書いてみた。 猫の食器スタンドを購入!お洒落な木製でレンジ対応のお皿が良い感じ!猫の食器スタンドを購入!お洒落な木製でレンジ対応のお皿が良い感じ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)