【お得情報】Amazonで対象のペット用品を10%OFFで買う方法

クーラーで適温なのに暑い場所に居たがる猫…何でなのか調べてみた!

クーラーで適温なのに暑い場所に居たがる猫…何でなのか調べてみた!

夏になれば当然クーラーをつけて快適にしているのに、うちのタマちゃんは暑くて蒸し蒸しするトイレに居ることが多いです。

猫アカウントのフォロワーさんにも「30℃超えているのに何でそんな暑い場所にいるの?」なんて投稿を見かけたので、どうして猫は暑い場所に居たがるのか調べてみました。

猫が暑い場所に居たがる理由は2つ

猫が暑い場所に居たがる理由は2つ

理由1つ目が「猫はお気に入りの場所を優先する」のだそうです。

これは獣医さんに聞いた話をツイートしたのが話題となっていました。その投稿がこちら↓

確かになるほどと思う理由ですね。

うちのタマもお気に入り場所があって、大体過ごすところが決まっています。

しかし、暑いトイレにこもるのは夏だけなんです。

これについて友人と話をしたところ「クーラーが嫌いなんだよ」と言われました。

調べてみるとクーラーが嫌いな猫ちゃんは結構多いみたいですね。

猫アカウントのフォロワーさんからも「うちの猫もクーラー嫌いで違う部屋に行っちゃいます」と言う人が何人もいました。

友人の猫もクーラー付けるとその部屋に来ないと言っていたので、うちのタマちゃんはクーラーがあまり好きじゃなくトイレに逃げているのでしょうね。

でも、お気に入りの布団がある部屋でクーラーがかかっていても、グーグー寝ていたりします。クーラーは嫌いだけど、気に入っているな場所だからと言うのも納得できました!

猫が過ごす部屋の暑さ対策について

猫が過ごす部屋の暑さ対策について

雑誌「ねこのきもち」で紹介されていた猫が過ごす部屋の暑さ対策を紹介します。

猫は比較的暑さに強い動物ですが、だからと言って夏場クーラーも付けずに閉め切っていると熱中症になるかもしれません。

外出する際もクーラーは消さず、室内温度は26~28℃にしておいた方がいいとのこと。

ただ、28℃設定でもクーラーを避けると言う声が結構多かったので、外出中は30℃くらいにしてもいいのかもしれません。

あとは、猫自身で居場所を選んで移動できるよう、各部屋のドアを開けておくのもポイント!

直射日光が入る窓のカーテンを閉めたり、保冷剤を厚めのタオルで包んで猫のベッドに置いておくなどの対策もおすすめだそうです。

 

【猫が熱中症になった場合】
ぐったりする、体が熱くなる(特にお腹)、吐く、ヨダレを出す、口を開けて呼吸する、立ち上がるとふらつく、反応が鈍くなる、痙攣する(重度)などが猫の熱中症の症状です。

その場合、部屋を涼しくしたら動物病院へ連絡してください。(獣医さんの指示に従って対処しましょう)

体を冷やすためシャワーの水をかけたり、濡れタオルを体に被せるのも効果的らしいですが、獣医さんの指示に従って行動した方が安心です。

まとめ

クーラーで適温なのに暑い場所に居たがる猫…何でなのか調べてみた!

猫が暑い場所に居たがる理由は

  1. お気に入りの場所だから
  2. クーラーが嫌いだから

これだと快適に過ごしてもらうにはどうすればいいか悩んじゃいますが、基本は猫の好きにさせておけばいいと思います。

あとは、各部屋のドアは解放しておき、快適な場所を自分で探せるようにさせておくのが1番ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)