【お得情報】Amazonで対象のペット用品を10%OFFで買う方法

ダイソンの掃除機で猫砂が吸えない…。何故なのか店員さんに聞いてきた!

ダイソンの掃除機で猫砂が吸えない…。何故なのか店員さんに聞いてきた!

「吸引力が自慢のダイソンなのに猫砂が吸えない」とインスタに投稿したら、うちも同じですと何件かコメントをもらいました。

やはりスティック掃除機だと吸引力が弱くてダメなのかと思いきや、家電量販店の人に聞いたらそうではないとのこと。

では何が問題なのか?

店員さんに詳しく話を聞いてきたのでご覧ください。

ダイソンで猫砂が吸えないのは何故か?

ダイソンで猫砂が吸えないのは何故か?

家電量販店の人(ダイソンのスタッフ)に話をしたところ、ヘッドの形状が悪いからだと言われました。

ヘッドの種類が悪い

私が使っていたダイソンのヘッドは前方の隙間が細く、猫砂など弾きやすいタイプでした↓

ダイソン ヘッド 古い

現在のメインヘッドは前方部分の隙間が広いので、大小の猫砂をしっかり吸ってくれるそうです↓

猫砂を吸うのに適しているヘッド
レーザースリムフラフィ スリムフラフィ マイクロフラフィ オムニダイレクショナルフラフィ
ダイソン レーザースリムフラフィ クリーナーヘッド ダイソン スリムフラフィ クリーナーヘッド ダイソン マイクロフラフィ クリーナーヘッド ダイソン オムニダイレクショナルフラフィ クリーナーヘッド
スリムフラフィと形は一緒でレーザーでゴミが見えるタイプ スタンダードなヘッド スリムフラフィの小さい番 ブラシがダブルタイプ
SV22/20に搭載 SV18搭載 SV21搭載 SV19搭載

これらのヘッドはフローリングなど平らな場所が得意で、絨毯やラグなどの掃除はやや不向き。

毛足のある場所を掃除するなら、以下の掻き出し力が強いヘッドもあった方がいいです↓

毛足のある場所に適しているヘッド
ダイレクトドライブクリーナーヘッド ミニモーターヘッド
ダイソン ダイレクトドライブクリーナーヘッド ダイソン ミニモーターヘッド
SV22/20に搭載 SV18FF,SV21FF,SV19OFに搭載

この2種類のヘッドは前方部分の隙間が細く、猫砂など粒系のゴミを吸うのには適していませんが、ラグや絨毯に入り込んだ猫砂や猫の毛の掻き出し力は高いです。

実際、家電量販店で使い比べたら全然違ったので、絨毯やラグなどを持っているなら上記2つのヘッドもあった方がいいと思います。

 

【オムニダイレクショナルフラフィについて】

ダイソン オムニダイレクショナルフラフィ クリーナーヘッド

この2つブラシがあるタイプは、絨毯やラグなどに押し付けてしまうと回転が止まることがあります。そうすると一度電源を入れ直さないと動きません。

2つブラシがあるので掃除のスピードは早くなりますが、毛足のある場所には不向きなブラシです。

ダイソンを買うならどれがおすすめ?

家電量販店の人(ダイソンのスタッフ)に話を聞き、個人的に良いなと思ったモデルが以下の2つです↓

Dyson Digital Slim
(SV18FF)
Dyson Micro 1.5kg
(SV21FF)
Dyson Digital Slim Dyson Micro 1.5kg
1.9kg 1.5kg
トリガー式 ボタン式
運転時間40分 運転時間20分
75,900円 53,900円
どちらもミニモーターヘッド付き

上記のモデルを選んだ理由は以下の3点↓

  1. 値段が安い
  2. 軽量
  3. ミニモーターヘッド付き

【値段について】
SV18FFは中ランク、SV21FFは下位ランクなので値段が比較的安めです。上位モデルのSV22やSV20だと10万円近くします。

【製品の重さについて】
上位モデルのSV22やSV20は2.2kg~2.6kgあり、実際に持ってみるとちょっと重めでした。おすすめしたモデルは2kg以下と軽く、スイスイ操作できて使いやすいです。特にSV21FFは驚きの軽さ(1.5kg)でビックリしました。

【ミニモーターヘッドについて】
絨毯やラグなど毛足の長い場所を掃除するなら、ミニモーターヘッドはあった方がいいでしょう。猫の毛もしっかり掻き出し掃除できます。もし上位モデルを選ぶなら、ダイレクトドライブクリーナーヘッドが付属された物がおすすめです。(ミニモーターヘッドとブラシの形状が同じで幅が広くなっています。)

【通常の吸引力はどれも大差なし】
厳密には少し違うそうなのですが、通常モードで掃除するならどのモデルも吸引力に大差ないそうです。ちなみに強モードだと吸引力は大きく変わりますが、運転時間がどれも5分くらいしか持ちません。

【運転時間を考慮して選ぼう】
上位機種と下位機種では運転時間が大きく違います。一番軽くて安いモデルは20分、中ランク以上で40~60分充電が持ちます。20分あれば結構掃除できますが、お部屋の広さを考慮して選んでみてください。

【充電ドッグがあると便利】
プラス1万円くらい高くなりますいが、充電ドッグはあった方が便利です。これに慣れてしまうとコード差しての充電には戻れませんよ。

ダイソン以外で掃除機を選ぶなら?

猫砂が吸えて吸引力もありコスパが良い機種だとシャークのCS401がおすすめです。

※シャークはアメリカだとダイソンを抜き全米シャア1位のメーカー!

値段は45,000円前後と安く、充電ドッグ付き、予備バッテリーあり、ハンディへの切り替えやゴミ捨てがワンタッチで出来てとても使いやすくなっています。ブラシにも毛が絡みません。

猫を飼っている人におすすめの掃除機を聞いたら、シャークが良いと言う声が多かったので購入したのですが、想像以上に使いやすくビックリしました。

ダイソンは値段が高い…なんて悩んでいるならシャークを検討してみてはどうでしょうか?

【口コミレビュー】シャークの掃除機CS401Jの吸引力や使い勝手に大満足!【口コミレビュー】シャークの掃除機CS401Jの吸引力や使い勝手に大満足! 【SNSで聞いた】猫砂と猫の毛が吸えるおすすめの掃除機を紹介するよ。【SNSで聞いた】猫砂と猫の毛が吸えるおすすめの掃除機を紹介するよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)