【6/22まで】アマゾンで500円クーポン貰える!

猫の「茶色い目やに」は毎日出ていても大丈夫?どうやったら治るのか?

猫の「茶色い目やに」は毎日出ていても大丈夫?どうやったら治るのか?

「愛猫の目ヤニが毎日出ているけど平気なの?」なんて心配になるかもしれませんが、正常の範囲であれば基本的に問題ありません。

うちの愛猫(タマ)なんて毎日めやにをくっ付けているけど、元気にピンピン過ごしています。

だけど、何で目ヤニが出てしまうのか?治す方法はあるのか?

獣医さんに相談した情報をシェアしたいと思います。

猫の茶色い目ヤニは毎日出ていても平気!

猫の茶色い目ヤニは毎日出ていても平気!

うちの愛猫(タマ)は、茶色い目ヤニが毎日でます。

他の猫より目ヤニが出ることが多く、一時は目薬で治していましたが、あまりにも嫌がるので今は何もしていません。

それから何年も経ちますが、少なくなったり多くなったり、たまに片目をショボショボさせたりを繰り返しています。

目ヤニの量が多い時は、軽くティッシュで拭くくらいで基本的には放置。何もしなくても、悪化したことはありません。

茶色い目ヤニの原因は?

猫 茶色い目ヤニの原因

茶色い目ヤニの原因は、目から流れた涙がホコリやゴミ・古くなった細胞と混ざって出来た老廃物なので、大量に出ていなければ放置しておいても大丈夫だそうです。

※乾燥して黒い塊になったりしますが、それも問題なし。

獣医さんに確認したところ、茶色い目ヤニは正常な代謝活動であり、猫の体質によって出やすい子がいると言っていました。

出たり出なかったりするのは体調の良し悪しもあるし、アレルギーなども関係しているそうです。なので、自然治癒することはない。

気になる場合は目薬を使って治していきますが、薬に頼りたくないなら、部屋の掃除をこまめにしたり、ノミ対策、食事を変えたりすると目ヤニが出にくくなるかもしれません。

緑色や黄色の目やになら動物病院へ

猫 緑色や黄色の目やに

緑色や黄色・白っぽいドロッとした目ヤニは、結膜炎や角膜炎の可能性があるので動物病院で診てもらってください。(感染症の疑いあり)

生まれて間もない子猫や若い年齢の猫によく見られ、多頭飼いだと他に猫に移るので早めに治療した方がいいです。

【結膜炎】
主に猫カゼなどのウイルス性の感染症が原因で起こります。目が充血したり、目の周囲が赤くなる、涙がたくさん出る、粘り気のある黄色や緑色の目ヤニが大量に出たりするのが特徴。

【角膜炎】
他の猫のとケンカによる外傷や、ウイルス感染によって起こります。症状は結膜炎と似ていますが、角膜に傷が付いている場合は目をショボショボさせるなど、開けにくそうにしていることが多いです。

猫の「茶色い目ヤニ」の治し方

完治させる治療はなく、抗生物質の目薬を使い一時的に抑える方法しかありません。

動物病院に行く機会があったので、久しぶりに目薬を貰ってきました↓

猫 目やに 抗生物質 目薬

硫酸ゲンタマイシン点眼液0.3%「ニットー」と言って、人間でも使えるものです。

※茶色い目ヤニだけでなく、緑や黄色と言った感染症の疑いがある目ヤニにもこの目薬を使って治していきます。

お値段は800円!かなり良心的な動物病院なので、他だと1500円くらいするかもしれません。診察もするなら2000~3000円くらい取られると思いますので、費用を抑えたいなら目薬だけ貰ってください。

目薬以外の治療法もあるけど

猫ちゃんが目薬を嫌がるなら、内服薬を使って治療することもできます。ただ、目薬の方が効果が高いと獣医さんが言っていました。

目やにの取り方

猫 目やに 取り方

目薬を使う前に、ティッシュで目ヤニを拭き取っていきます。

目ヤニが固まっている場合は、お水でティッシュを濡らし、ふやかしながら取り除いてください。

無理に擦ると眼球を傷つける恐れがあるので、優しく拭くように!

目薬の使い方

獣医さんに教えてもらった目薬の使い方を説明いたします。

まず、猫の背後から優しく包み込むように抱え、撫でたりしながらリラックスさせます。

片方の手で猫のあごと首を抑え、反対の手で目薬をさしてください。うちのタマは目薬が大嫌いなので、逃げないよう足でも挟み込み逃げられないようにしています↓

猫 目薬 使い方

抑えている方の手で猫の目を開けられるといいのですが、難しいなら目薬を落とし指で軽く馴染ませてください。

点眼にいい印象を持ってもらうために、おやつを用意するのもおすすめです。(点眼の前後におやつを与えてください)

あとは、目薬を見せないようにするのもポイントです。うちのタマは目薬を察知するとスッとんで逃げるので、なるべく目に入らないようにしています。

どれくらいで目ヤニは治る?

目薬を朝晩2回使うと、2~3日くらいで少し良くなったかな~といった感じです。タマの場合、劇的な効果はないですね。(目薬をした方が多少良いかな)

ちなみに、黄色や緑色と言った感染症や猫カゼが原因の目ヤニは、4~5日くらいで良くなりました。涙が多く出てしまった時にも使いましたが、その時は1日で改善しています。

体質によって出てしまう茶色い目ヤニへの効果は微妙ですが、病気系のトラブルに関しては、抗生物質の目薬は効果抜群です。

まとめ

猫の茶色い目ヤニは体質的な問題もあるので、完全に治すことはできません。

ちょっと量が多くて気になるなら、抗生物質の目薬を使ってみてください。多少マシにはなると思います。

あとは、キャットフードを切り替えることで少し良くなることもあるので、新しいフードを試してみるといいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)