【お得情報】Amazonで対象のペット用品を10%OFFで買う方法

肝臓が悪い愛猫に5ヵ月間「ウルソ」を飲ませ続けた効果について

肝臓が悪い愛猫に5ヵ月間「ウルソ」を飲ませ続けた効果について

肝臓が悪い愛猫(タマちゃん)にウルソを5ヵ月間飲ませていました。

副作用など心配でしたが、すごく調子がよくなり肝臓の数値(ALT)も正常値まで減少。

口コミでも「ウルソ飲ませてから調子が良くなった」と言う声が多いので効果は高いのだと思います。

そんなウルソについて、どうやって飲ませていたのか、数値(ALT)や体調の変化、動物用と人用のウルソの違いなどまとめてみました。

肝臓が悪い猫にウルソを飲ませ続けた効果について

肝臓が悪い猫にウルソを飲ませ続けた効果

こちらがタマちゃんに飲ませていたウルソです。

動物用ではなく人間用を処方され、2日に1錠のペースで5ヵ月間飲ませていました。

その間に体調が悪くなったことはなく、むしろ嘔吐の回数が激減しウンチの臭いも全然気にならなくなりました。

ウルソと一緒にロイカナの肝臓サポートも食べさせていたのでそっちのおかげなのかもしれませんが、以前よりかなり元気になっています。

 

猫 ウルソ 効果

ウルソは擦り潰してちゅーるなどに混ぜて与えています。

そのまま口に放り込んだりもしていましたが、水分補給も兼ねて水で薄めて与える方法に切り替えました。

特に気にすることなくペロペロしてくれます。

 

猫 ウルソ 効果 嘔吐

ウルソを与えてから1ヵ月もすると嘔吐が激減していることに気づきました。

調べてみると肝臓が悪いと吐く頻度が増えるみたいで、以前は1日1回吐いていたのが、1ヵ月に1回くらいまで減少しています。

 

猫 ウルソ 効果 ウンチの臭い

また、ウンチの臭いも激減しています。

2つ隣の部屋まで臭っていたウンチが今は全然臭くありません。

これがウルソの効果なのかは分かりませんが、ロイカナの肝臓サポートとウルソでタマちゃんの体はとても健康になりました!

 

猫 肝臓の数値ALTが減少した

肝臓の数値(ALT)は、5か月で174から108まで減少。

まだウルソが少し残っているので、獣医さんからは3日に1錠くらいのペースで無くなるまで与えて大丈夫と言われたので継続しています。

獣医さんいわく、健康になっても少量なら与えて続けて問題ないそうです。

※口コミでも数年間ウルソを与え続けていると言う人がいました。肝臓が悪くなりやすい子は継続した方がいいのかもしれません。獣医さんに相談しながら継続するか決めようかと思います。

ウルソの副作用について

ウルソの副作用(副反応)について調べると、稀に嘔吐が見られると書いてありました。

参考文献:http://www.shintoshin-ah.com/staff/images/activity_01.pdf

タマちゃんに関しては副作用など全くなく、口コミでも体調が悪くなったという声は見当たりません。

ウルソについての口コミはこちらに沢山載っているので良かったら参考にしてください。

動物用と人用のウルソの違い

動物用と人用のウルソの違い

ウルソには人用と動物用があるのですが、主にウルソデオキシコール酸の配合量が違うだけで、どちらを飲ませてもいいそうです。(獣医さんから教わりました)

私が動物病院で処方されたのは人用で、ウルソデオキシコール酸の配合量が1錠50mg。動物用だとデルクリアーと言う医薬品が1錠2.67mgと少なめに配合されています。

値段は人用の方が安く、獣医さんは「主に成分の量が違うだけだから安いのを使っている」と言っていました。

【価格の差について】

(例)1日15mgのウルソデオキシコール酸を摂取する場合の価格差がこちら↓

1錠 15mgあたり
人用ウルソ 70円 21円
動物用ウルソ 40円 224円

※掛かり付けの動物病院で処方された人用ウルソの価格と、楽天で最安値の動物用ウルソの価格を比較しています。

どちらがいいのか正直わかりませんが、他の薬でも同じ成分なのに動物用の方が高くなっていることが多いです。なのでコスパを気にするなら人用がおすすめです。※獣医さんと相談してから決めてください。

安くウルソを買うなら

ペットのお薬「うさぱら」と言うサイトでジェネリック薬品のウルソが安く売っています。

価格差はこんな感じ↓

1錠 15mgあたり
ジェネリック 55円 16円
人用ウルソ 70円 21円
動物用ウルソ 40円 224円

ジェネリックのウルソは1錠300mgのウルソデオキシコール酸が配合されています。

海外からの発送なので心配かもしれませんが、口コミでは効果を感じている人達ばかりでした。

コスパ重視で行くならジェネリックのウルソがおすすめです。

まとめ

調べてみるとウルソは副作用が少なく、処方しやすい薬だそうです。

どのウルソでも効果は変わらないっぽいので、長く続けるなら人用やジェネリックが安くていいのかなと思いました。

※ウルソデオキシコール酸が配合された薬は色々あり、他の成分が入っている物もあります。どれがいいかは獣医さんと相談しながら決めてみてください。

【肝臓についての関連記事】

肝臓が悪い猫にロイヤルカナンの肝臓サポートを食べさせた結果!【口コミレポ】肝臓が悪い猫にロイヤルカナンの肝臓サポートを食べさせた結果!【口コミレポ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)