【お得情報】Amazonで対象のペット用品を10%OFFで買う方法

【レビュー】猫の防災キャリー「SOSペットバッグ」を買ってみた。

【レビュー】猫の防災キャリー「SOSペットバッグ」を買ってみた。

地震などの災害に少しでも備えた方がいいと思い、避難時に役立つキャリー「SOSペットバッグ」を買いました。

値段はそこそこ高いのですが、作りや機能面が良く普段使いにも便利なので気に入っています。

実際に使ってみたレビューを書いたので、防災グッズ選びの参考にしてみてください。

避難に役立つSOSペットバッグをレビュー

SOSペットバッグをレビュー

サイズ 【外寸】幅46×奥22×高36cm
(ベルト類、ポケット含まず)
【内寸】幅43×奥21×高33cm
【入り口】横19×縦32cm
【折り畳みサイズ】幅46×奥14×高36cm
重量 1.8kg
耐荷重 〜10kg(ポケットの荷物を含む)
内容物 ショルダーベルト
飛び出し防止リード
材質 ナイロン繊維、ナイロン樹脂、スチール
生産国 台湾(企画・デザイン:日本)
メーカー 株式会社オーエフティー
定価 14,900円

荷物が沢山入って便利

SOSペットバッグ 収納力

SOSペットバッグの魅力は何といっても収納力ここまで沢山の荷物が入るキャリーは他にありません。

別のリュックに災害グッズを用意しておく方法もありますが、猫を運ぶキャリーに詰め込めた方が絶対に便利です。

どれくらい収納できるのか、防災グッズを入れてみました↓

SOSペットバッグ 収納力

正面が1番収納できます。

仕切りが邪魔で猫砂が入らないか心配でしたが、2Lサイズならすっぽり収まりました。あとは、箱ティッシュやペットシーツ、トイレットペーパーも入れることができます。

 

SOSペットバッグ 収納力

両サイドも収納でき、500mlのペットボトルや食器皿・缶詰・パウチ・小さめの箱(カリカリ)などを入れることができます。

想定していたより沢山収納できて便利だと思いました。

背負って移動ができるのが良い

SOSペットバッグをレビュー

災害時に車で移動できるとも限らない(というか持っていない)ので、歩くことを前提に考えると背負いタイプはとても便利です。

実際、SOSペットバッグを買う前から背負うキャリーを使っていますが、動物病院に連れて行く際にとても重宝しています。

両手が使えれば食料品なども多く持っていけるし、災害時ほど背負うキャリーは役立ちますよ。

※ショルダーベルトが付属されているので肩掛けにすることも可能ですし、取っ手も付いているので手で運ぶこともできます。

 

SOSペットバッグをレビュー

左右を繋ぐベルト(真ん中の白丸部分)を使うと長時間の歩行が楽になります。

補強ベルト(右の白丸部分)も優れモノで、下に引っ張ると背中にピッタリとキャリーがフィットするようになっています。

 

SOSペットバッグをレビュー

完全な水平にはならないけど、補強ベルトのおかげて後ろに垂れ下がり過ぎるのを防げます。この機能はすごく良いなと思いました。

キャリーの中身がほぼ見えないのが良い

SOSペットバッグをレビュー

猫は暗闇の方が落ち着く生き物です。

知らない所を移動すればストレスにもなるので、避難する時は全て覆った方が猫も安心できます。

本当はメッシュ部分も隠せる仕様だと良かったのですが、外が見える面積が少ないのは良いなと思いました。

 

SOSペットバッグをレビュー

上部のカバーはスナップボタンの脱着式になっています。クルクル折り曲げて固定する事も可能です。

作りがしっかりしている

SOSペットバッグをレビュー

SOSペットバッグは組み立て式のキャリーです。と言っても補強パイプを2本天井に入れるだけなので難しくありません。

このパイプのおかげて型崩れを防ぐことができます。

 

SOSペットバッグをレビュー

折りたたむとかなりコンパクトになります。この状態でも荷物が入り、持ち運びバッグとして使うことも可能です。

 

SOSペットバッグをレビュー

キャリーの中で固定できる飛び出し防止のリードも付属されています。

避難先で過ごすのは難しい大きさ

SOSペットバッグをレビュー

大きさ的には猫2匹がギリギリ入るくらいで、この中に食器やトイレを設置して過ごすのは難しいです。

私は移動手段&猫の生活に必要な物を入れるために購入し、別に猫壱のポータブルケージとトイレを用意しています。

最初は避難先でも過ごせる拡張キャリーバッグを検討したのですが、荷物を入れるタイプの物がなかったので断念しました。

こういったタイプです↓

ペットアック「Petacc」猫 キャリー ペットキャリーバッグ リュック 犬 通気性抜群 拡張可能 軽量 携帯しやすい 最適体重10kgまで 安定性 旅行 通院 散歩 アウトドア 緊急避難 お出かけに便利 グレー
petacc

猫砂やご飯などを別に持ち運ぶなら拡張キャリーでもいいと思いますが、ポータブルケージの方が広いので伸び伸び過ごせると思います。

ちなみに、購入した猫壱のポータブルケージとトイレはこんな感じで収納しました↓

SOSペットバッグ ポータブルケージ収納

SOSペットバッグ ポータブルケージ収納

SOSペットバッグ ポータブルトイレ収納

猫壱のポータブルケージが予想以上に大きかったですが、何とか収納できて良かったです。

【レビュー】猫壱のポータブルケージ&トレイのセットを買ってみた!【レビュー】猫壱のポータブルケージ&トレイのセットを買ってみた!

ポータブルケージの選び方や人気商品についてはこちらをご覧ください↓

猫 ポータブルケージ 人気【災害時にも役立つ】人気の猫用ポータブルケージと選び方について

デメリットはあるのか?

SOSペットバッグのデメリット

これと言った不満はないですが、しいて挙げるなら

  • カラーが1つしかない
  • 収納箇所の仕切りがいらない

くらいですかね。

ハッキリ言ってカラーは可愛くないです。もう少しバリエーションがあれば良いなと思いました。

あと、収納箇所の仕切りもいらないのかなと。2Lの猫砂なら大丈夫ですが、それ以上になると仕切りが邪魔で入れることができません。

仕切りは縫い付けているだけなのでカッターで切れば広くなりますが、スナップボタン式とかだともっと良いなと思いました。

安く購入できる販売店について

SOSペットバッグ最安値

定価14,900円ですが、楽天とアマゾンだと9000円ちょっとで購入できます。(価格は変動しているかもしれません)

楽天とアマゾンに株式会社オーエフティー(正規販売店)が出店しているので、そこで買うのが1番安いです。

楽天だとポイントを増量していることもあるので、買う前に確認してみてください。

安いのは以下の2サイト↓

SOSペットバッグ

まとめ:こんな人にSOSキャリーはおすすめ

こんな人にSOSペットバッグキャリーはおすすめ

飼っている猫ちゃんの数が2匹以下なら、SOSペットバッグはおすすめです。別途ポータブルケージは必要ですが、荷物の持ち運びと移動がとても楽になります。

3匹飼いならもう1つ手持ちのキャリーを用意して使うといいかもしれません。それか押して歩けるガラガラ(ベビーカーみたいな)も良いと思うので色々想定しながら検討してみてください。

現状、私の環境(1匹飼い)だとSOSバッグはすごく良いなと思いました。体にフィットしてズレないですし、万が一の時は荷物が沢山入るので絶対に便利です。

そんな日が来ないのが1番ですが、万が一の為に準備だけはしっかりしておこうと思います。

防災関連の記事はこちら↓

猫 ポータブルケージ 人気【災害時にも役立つ】人気の猫用ポータブルケージと選び方について 【レビュー】猫壱のポータブルケージ&トレイのセットを買ってみた!【レビュー】猫壱のポータブルケージ&トレイのセットを買ってみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)